ふるさと守山 デジタル資料集

公共施設

守山市環境センター


場所 守山市幸津川町2845番地
TEL 077−585−3728
広さ 12,500平方メートル
ごみを集めている車の数
・家庭ごみを集めている車 25台
・会社などのごみを集めている車 89台



職員の中島史郎さんにお話を聞きました
焼却ごみ(燃えるごみ)処理施設の説明 再生
破砕ごみ(燃やせないごみ)処理施設の説明 再生

施設設備
・焼却(燃えるごみ)施設    
<プラットホーム> <中央制御室>
再生
<ごみピット>
再生

・資源物ストックヤード    
 
<ペットボトル> <トレイ類>  
再生  

・事業系ごみの処理    
 
再生  

・一般廃棄物最終処分場


職員の野口清英さんにお話を聞きました
埋立処分地の説明 再生
新設浸出水処理施設の説明 再生


<埋立処分地> <新設浸出水処理施設>
再生


滋賀県南部水道事業所(吉川浄水場)


吉川浄水場は、南部工業用水道事業と南部上水道供給事業との共同施設となっており、琵琶湖を水源としています。野洲市吉川地先の取水口から取り入れた原水は、導水ポンプにより着水井に運ばれ、ここから水道用水と工業用水に分けられて、それぞれの沈でん池に入ります。沈でん池では薬品を注入して機械でかく拌し、濁りを凝集してゆっくりと沈めます。その後、水道用水は沈でん池から出た上澄水をさらに急速ろ過池に入れて、砂の層でこしたのち、塩素混和池で塩素注入して消毒し、安全な水にして浄水池に貯留されます。工業用水は、沈でん池から出た上澄水を浄水池にそのまま貯留します。

このようにして浄水池に貯留された水は、送水ポンプによって、水道用水は調整池に、工業用水は配水池に送られ、いったん貯められて、自然流下を利用して市や町あるいは工場へと送・配水されます。
ここでは、水道用水に絞って、水道のしくみを解説します。

場所 野洲市吉川3382番地
TEL 077−589−3280
FAX 077−589−3281

<上空から見ると>

<浄水場のしくみ>

職員の前田篤さんにお話を聞きした  
人による水質検査
再生
機械による水質検査
再生
   

水道のしくみ            
取水口(琵琶湖)   導水ポンプ井
再生
  着水井
再生
  脱臭処理池
再生
   
薬品沈でん池
再生
  塩素混和池
再生
  送水ポンプ施設
再生
   

     
中央コントロール装置再生
  水質自動計測器
再生
  水質連続監視装置
再生
  濃縮槽
再生

   
太陽光発電システム [PDF]   天日乾燥処理施設 [PDF]


Windows Media Player を入手する 動画をご覧頂くにはWindows Media Playerが必要です。
左のボタンをクリックして、最新のバージョンを入手して下さい。

企画・制作 守山市立教育研究所
〒524-0041 滋賀県守山市勝部三丁目9番1号 守山市生涯学習・教育支援センター 3・4階
 TEL:077-583-4217・4237 FAX:077-583-4237
E-mail:kyoikukenkyu@city.moriyama.lg.jp
Copyright (C) 2006 滋賀県守山市立教育研究所 All Rights Reserved.