守山市広報
5月15日号

平成28年(2016年)
No.1192 
毎月1・15日発行
広報もりやまタイトル
毎月1・15日発行


1
ホタルは私たちのそばで暮らしています

2面
ホタル特集

3面
ホタル特集

4面
守山ほたるパーク&ウォーク

5面
ルシオール アート キッズフェスティバル

6面
叙勲受章者/平成28年度自治会長

7面
自転車購入補助金

8面
エコファミリー支援助成金など/職員採用セミナー/職員募集

9面
いかだくだり/いかだくだり講座

10面
ごみゼロ大作戦/ブルーギル撲滅釣り大会/市政報告会

11面
市民文化芸術祭参加者募集/MINNAのサロン/ポルトガル語入門講座

12面
蚕の里親/感謝状贈呈/歴史入門講座

13面
焼肉のたれ作り教室/親と子のスポーツ大会/守山百歳体操

14面
キャラバンメイト/在宅介護者のつどい/もりやまオレンジあったカフェ/みんなの安心介護保険

15面
健康診査


16面
すこやか健康だより

17面
おしらせ/体育協会

18面
お知らせ

19面
街かどフラッシュニュース/双眼鏡/人口

20面
街かどフラッシュニュース

バックナンバーのボタン

守山市TOPのボタン

 
下之郷史跡公園
「蚕(かいこ)」の里親しませんか?

 国史跡 下之郷遺跡からは、弥生人が布を織るために使用した道具などが発見されています。
 蚕を飼育して糸作りを体験してみませんか。

日時:6月11日(土)午前10時〜
場所:下之郷史跡公園 環濠保存施設
内容:説明会、蚕の幼虫を配布
対象:市内在住の親子先着20組(10匹まで/家族)
費用:無料
その他:夏休みにマユから糸を採る体験学習を予定しています。
申込方法:下記へ申し込み。

問い合わせ:下之郷史跡公園(火曜日、祝祭日の翌日は休館)電話・FAX(514)2511

感謝状を贈呈

 本市の指定文化財、「大庄屋諏訪家屋敷(おおじょうやすわけやしき)」整備事業実施に際し、保存整備活用委員会の委員長を務めていただき、現在も本市の政策アドバイザーとして文化財行政の推進に尽力いただいている越澤明(こしざわあきら)さん(北海道大学名誉教授:写真右)に4月19日、感謝状を贈呈しました。

越澤明(こしざわあきら)さん(北海道大学名誉教授:写真右)

問い合わせ:
文化財保護課 電話(582)1156 FAX(582)9441

埋蔵文化財センター
歴史入門講座
〜発掘調査の成果から、
黎明期(れいめいき)の近江、守山を探る〜

◆講座日程・内容
第1講:6月18日「発掘でわかった、近江の原始・古代〜交流と交通の考古学〜」
講師:植田文雄(うえだふみお)さん(佛教大学歴史学部 講師)

第2講:7月16日「つくる、つかう、あ、こわれた。〜縄文土器や石器からわかること〜」
講師:鈴木康二(すずきこうじ)さん(県文化財保護協会)

第3講 :8月20日「土偶の秘密」
講師:瀬口眞司(せぐちしんじ)さん(県文化財保護協会)
 
第4講:9月17日「弥生文化のパイオニア〜中島遺跡から〜」
講師:伊庭功(いばいさお)さん(県平和祈念館)

第5講:10月15日「アメノヒボコ伝承と栗太・野洲の遺跡」 
講師:佐伯英樹(さえきえいじゅ)さん(栗東市体育協会)

第6講:12月17日「遺跡出土木製品が語る3世紀の大和と近江、守山」
講師:鈴木裕明(すずきひろあき)さん(奈良県立橿原考古学研究所)

いずれも土曜日午前10時〜正午
場所:埋蔵文化財センター
定員:先着80人
費用:1,200円(1講から受講可 200円/講)
申込方法:講座開催日までに下記へ申し込み。

問い合わせ:埋蔵文化財センター(午前9時〜午後4時)電話・FAX(585)4397




戻るボタン 次のページボタン