守山市広報
8月1日号

1面
守山夏まつり
守山フルーツランド
双眼鏡


2面
守山女子高が教育改善を実施
故宇野元総理を偲ぶつどい
同和教育の交流を!
ライターやスプレー缶の
 排出は十分なガス抜きを!


3面
家庭における防災対策
県民体育大会へ
  市内選手が21種目に出場
道路をまもる月間 道の日


4面
玉津学区 新たな観光コース
「平和のよろこび展」開催!
原爆死没者の慰霊、
  恒久平和を祈り黙とうを

5〜6面
ふぉとすけっち
スコットさんの英会話
伝言板


おどろう たのしもう ふれあおう!
きょうとあす 夏まつり

守山夏まつりポスター

 待ち望んでいた守山の夏まつりがいよいよ始まりました。 きのうの琵琶湖大橋守山花火大会に続き、きょう(一日)は湖岸で「漁港まつり」と「もりやま・なぎさ・ふれあい塾'98」が、駅前では「七夕まつり」が行われ、盛りだくさんな内容=下表=で皆さんの参加をお待ちしています。

 あす(二日)は、「七夕まつり」の後夜祭=下表=として駅前でステージショーなどがあなたを魅了します。

                         市商工課 TEL(582)1131 

 8月1日(土)
 

8月2日(日)


もりやまフルーツランド

とれたてのブドウナシ直売始まる

 湖岸道路沿いの野洲川河口付近に広がる果樹園のブドウとナシが収穫時期を迎え、今年も果樹園中央部の「もりやまフルーツランド」で直売が始まりました。
 ブドウはすでに直売が始まっており、ナシは八月五日ごろから直売される予定です。
 ブドウは、こばま野洲川地区生産組合が出荷し、「竜宝」や「紅伊豆」など計四品種を収穫時期に合わせ、九月中旬まで販売。ナシは、さづかわ果樹生産組合によって出荷され、「筑水」や「豊水」など収穫時期に合わせて計六品種を十月下旬まで販売されます。
 また、十月下旬から十一月下旬まではカキの販売も予定されています。
 糖度の高いとれたての守山のフルーツをご賞味ください。 
直売に関する問い合わせは、もりやまフルーツランド TEL(585)4836(直売期間中)または市農政課 TEL(582)1130へ
             写真/とれたてのブドウとナシが並ぶもりやまフルーツランド


 わたしたちの守山には山がなく林も少ない。加えて開発などで自然林も減ってきた。ほかのまちに比べると樹木が少ないのは確かだ▼木は、わたしたちにとってとても身近で大切なもの。国土の約七割を森林が占めるわが国では、木で家や家財道具をつくったり木を燃料として使ったりして、古くから「木の文化」をはぐくんできた。また、温度調節機能や肌触りの良さなどで人の暮らしに快適さを提供してくれるのも木が持つ特徴といえる▼近年騒がれている地球温暖化。温暖化の防止に木は重要な役割を果たす。温暖化の原因である二酸化炭素(CO2)を、光合成で樹木の中に吸収・固定するからである。樹木に固定されたCO2は、伐採された後でも木材として長く使うことで貯蔵され続ける。同時に、伐採された跡地に成長のおう盛な若木を植栽すると、森林のCO2吸収能力を活性化させることもできる▼いま、家庭のなかのちょっとしたオープンスペースに緑や花を飾るガーデニングがブームだ。樹木が少ない守山も多くの市民がこのブームに乗れば。